トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中



FlavourArt
BI-SO
HANGSEN
Eleaf
joecig

Kanger Tech
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧



商品詳細
 

FlavourArt フレーバーアート Saffron(サフラン)10ml販売 電子タバコ用


FlavourArt フレーバーアート Saffron(サフラン)
Flavourart Logo
イタリアFlavourArt(フレーバーアート)社の正規品です
商品番号 F1371
商品名 FlavourArt フレーバーアート Saffron(サフラン)10ml販売 電子タバコ用
販売価格 330円
メーカー Flavourart
送料区分 送料別
配送タイプ 国内発送
在庫
ポイント 0ポイント

在庫状況:
数量:

フレーバーアート フレーバーベース
商品タイプ海外直送 Direct Shipment国内配送なし No Domestic ShipmentFlavour 添加フレーバーNon Nicotine ノンニコチン
商品タイプ




フレーバーアート ミラノ旗艦店
フレーバーアート バルセロナ旗艦店


このフレーバーについて About this flavor


ライスやスパイシーな食品にぴったりの香り。

Great for rice and spicy foods.



使い方
フレーバーアート 添加量について

1滴がおよそ0.02gです。
(フレーバーのキャリア=媒体はPG=Propylene Glycol 比重 1.036g/ml )

PGリキッドに対する添加量は以下のとおりです。
(VGリキッドに対しても同様)

ほとんどのフレーバーが適用量1〜3%です。特に指定のない場合はこの範囲からお試し下さい。

容量2mlのリキッドに対して1%の濃度の場合、滴下量はおよそ1滴です。容量と濃度に応じて比例した量をご利用く下さい。



フレーバーの滴下量  Dropping Quantity

リキッド
の容量

適用量(フレーバー濃度)

0.5%

1%

1.5%

2.0%

2.5%

3.0%

3.5%

4.0%

0.5ml

0.1滴

0.3滴

0.4滴

0.5滴

0.7滴

0.8滴

0.9滴

1.1滴

1ml

0.3滴

0.5滴

0.8滴

1.1滴

1.3滴

1.6滴

1.9滴

2.2滴

1.5ml

0.4滴

0.8滴

1.2滴

1.6滴

2.0滴

2.4滴

2.8滴

3.2滴

2.0ml

0.5滴

1.0滴

1.6滴

2.1滴

2.7滴

3.2滴

3.8滴

4.3滴

2.5ml

0.7滴

1.3滴

2.0滴

2.6滴

3.3滴

4.0滴

4.7滴

5.4滴

3.0ml

0.8滴

1.6滴

2.4滴

3.2滴

4.0滴

4.8滴

5.6滴

6.5滴

3.5ml

0.9滴

1.8滴

2.8滴

3.7滴

4.6滴

5.6滴

6.6滴

7.6滴

4.0ml

1.0滴

2.1滴

3.2滴

4.2滴

5.3滴

6.4滴

7.5滴

8.6滴

4.5ml

1.2滴

2.4滴

3.5滴

4.8滴

6.0滴

7.2滴

8.5滴

9.7滴

5.0ml

1.3滴

2.6滴

3.9滴

5.3滴

6.6滴

8.0滴

9.4滴

10.8滴




世界の頂点に立つフレーバーベースのメーカーです。ぜひお試しください。
イタリアの料理文化を中心に国際的な飲料や食品を研究したフレーバーが特徴のメーカーです。
フレーバーアート社は月産250万本の能力を持つラインと先進のラボ、専任のドクターまでを擁し、世界30カ国以上に製品を供給する国際的メーカーです。
ニコチンなしでリキッドを自作する場合のために、スロートヒット感を高める液体ベースの製品「フラッシュ」があります。
Flavourartの電子たばこ用製品にはジアセチルが一切含まれておりません。ジアセチルはバター臭と風味のために食品に含まれる物質です。
●サフランとは
サフラン(Crocus sativus、英: saffron crocus(植物)、英: saffron(香辛料)、仏: safran)は、 西南アジア原産で、最初に栽培されたのがギリシアとされる、アヤメ科の多年草およびそのめしべを乾燥させた香辛料をさす。
紀元前からヨーロッパでめしべが香料・染料として利用されていた。
古代ギリシアではサフランの黄色が珍重され、王族だけが使うことを許されるというロイヤルカラーとされた時代もある。
サフランのめしべは、独特の香りを持ち、水に溶かすと鮮やかな黄色を呈するため、南ヨーロッパ、南アジア北部、中央アジア、西アジア、北アフリカにかけて料理の色付けや風味付けのための香辛料として使用され、プロヴァンス地方の名物料理ブイヤベースやスペイン料理のパエリア、ミラノ風リゾット、モロッコ料理のクスクス、インド料理のサフランライスには欠かせない。
トルコのサフランボルでは、お湯に入れた「サフランティー」として飲まれている。