トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中






HANGSEN
Eleaf
FlavourArt
BI-SO
joecig

Kanger Tech


パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧



海外送料ポイント値引きキャンペーン
リキッドのご購入はご注文1件につき4本が上限です。
商品詳細

FlavourArt フレーバーアート Orange(オレンジ)10ml販売 電子タバコ用


FlavourArt フレーバーアート Orange(オレンジ)
Flavourart Logo
イタリアFlavourArt(フレーバーアート)社の正規品です
商品番号 F1076
商品名 FlavourArt フレーバーアート Orange(オレンジ)10ml販売 電子タバコ用
販売価格 620円
メーカー Flavourart
送料区分 送料込
配送タイプ 国内発送
在庫
ポイント 0ポイント

在庫状況:
数量:

フレーバーアート フレーバーベース
商品タイプ海外直送 Direct Shipment国内配送なし No Domestic ShipmentFlavour 添加フレーバーNon Nicotine ノンニコチン
商品タイプ




フレーバーアート ミラノ旗艦店
フレーバーアート バルセロナ旗艦店


このフレーバーについて About this flavor


飲み物、リキュール、スイーツに合う、古風な香り。

Good for beverages, liquers, sweets. An old fashioned flavor.



使い方
フレーバーアート 添加量について

1滴がおよそ0.02gです。
(フレーバーのキャリア=媒体はPG=Propylene Glycol 比重 1.036g/ml )

PGリキッドに対する添加量は以下のとおりです。
(VGリキッドに対しても同様)

ほとんどのフレーバーが適用量1〜3%です。特に指定のない場合はこの範囲からお試し下さい。

容量2mlのリキッドに対して1%の濃度の場合、滴下量はおよそ1滴です。容量と濃度に応じて比例した量をご利用く下さい。



フレーバーの滴下量  Dropping Quantity

リキッド
の容量

適用量(フレーバー濃度)

0.5%

1%

1.5%

2.0%

2.5%

3.0%

3.5%

4.0%

0.5ml

0.1滴

0.3滴

0.4滴

0.5滴

0.7滴

0.8滴

0.9滴

1.1滴

1ml

0.3滴

0.5滴

0.8滴

1.1滴

1.3滴

1.6滴

1.9滴

2.2滴

1.5ml

0.4滴

0.8滴

1.2滴

1.6滴

2.0滴

2.4滴

2.8滴

3.2滴

2.0ml

0.5滴

1.0滴

1.6滴

2.1滴

2.7滴

3.2滴

3.8滴

4.3滴

2.5ml

0.7滴

1.3滴

2.0滴

2.6滴

3.3滴

4.0滴

4.7滴

5.4滴

3.0ml

0.8滴

1.6滴

2.4滴

3.2滴

4.0滴

4.8滴

5.6滴

6.5滴

3.5ml

0.9滴

1.8滴

2.8滴

3.7滴

4.6滴

5.6滴

6.6滴

7.6滴

4.0ml

1.0滴

2.1滴

3.2滴

4.2滴

5.3滴

6.4滴

7.5滴

8.6滴

4.5ml

1.2滴

2.4滴

3.5滴

4.8滴

6.0滴

7.2滴

8.5滴

9.7滴

5.0ml

1.3滴

2.6滴

3.9滴

5.3滴

6.6滴

8.0滴

9.4滴

10.8滴




世界中の電子たばこユーザーが認めたリキッドフレーバー界の頂点に立つ美味しさをぜひ一度、ご自身の舌でお試しください。
イタリアの料理文化を中心に国際的な飲料や食品を研究したフレーバーが特徴のメーカーです。
2012年ミラノ旗艦店(FlavourArt Flagship Store Milano)に続き、2014年バルセロナ旗艦店(FlavourArt Flagship Store Barcelona)もオープン!
自作リキッド(DIY=Do it yourself)の必須アイテムです。ニコチンあり/なしのリキッドベースと混合してご使用ください。
吸引により異常を感じた場合は、医師の診断を受けてください。
●オレンジとは
オレンジの原産地はインドのアッサム地方。日本に導入されたのは明治時代。
現在の主産地はアメリカ、ブラジル、スペイン、イタリア、メキシコなど。
日本での栽培はネーブルオレンジを除いてそれほど多くなく、国内流通品の大部分はアメリカのカリフォルニア産である。
ネーブルオレンジは広島県、和歌山県、静岡県などで年間6,000トン前後生産されている。
果皮、果肉共にオレンジ色(橙色)で多汁質。適度な甘味・酸味をもち、香り高い。
生食用のほか、ジュースの原料として利用され、またカモなどの肉の料理にソースとして用いられる。
なお果皮はオレンジピール(オレンジの皮の砂糖漬け)やキュラソーの原料としても使われる。
中東では、花弁を蒸留して得られる液体「オレンジフラワー(ネロリ)ウォーター」を菓子や飲み物の香りづけに用いる。
果皮と袋(じょうのう)が密着して離れにくいのが特徴。