トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中



FlavourArt
BI-SO
HANGSEN
Eleaf
joecig

Kanger Tech
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧



商品詳細
 

FlavourArt フレーバーアート Vanilla Classic(クラシックバニラ)10ml販売 電子タバコ用


FlavourArt フレーバーアート Vanilla Classic(クラシックバニラ)
Flavourart Logo
イタリアFlavourArt(フレーバーアート)社の正規品です
商品番号 F1005
商品名 FlavourArt フレーバーアート Vanilla Classic(クラシックバニラ)10ml販売 電子タバコ用
販売価格 620円
メーカー Flavourart
送料区分 送料別
配送タイプ 国内発送
在庫
ポイント 0ポイント

在庫状況:
数量:

フレーバーアート フレーバーベース
商品タイプ海外直送 Direct Shipment国内配送なし No Domestic ShipmentFlavour 添加フレーバーNon Nicotine ノンニコチン
商品タイプ




フレーバーアート ミラノ旗艦店
フレーバーアート バルセロナ旗艦店


このフレーバーについて About this flavor


甘くバランスのとれた風味です

Sweet and balanced.



使い方
フレーバーアート 添加量について

1滴がおよそ0.02gです。
(フレーバーのキャリア=媒体はPG=Propylene Glycol 比重 1.036g/ml )

PGリキッドに対する添加量は以下のとおりです。
(VGリキッドに対しても同様)

ほとんどのフレーバーが適用量1〜3%です。特に指定のない場合はこの範囲からお試し下さい。

容量2mlのリキッドに対して1%の濃度の場合、滴下量はおよそ1滴です。容量と濃度に応じて比例した量をご利用く下さい。



フレーバーの滴下量  Dropping Quantity

リキッド
の容量

適用量(フレーバー濃度)

0.5%

1%

1.5%

2.0%

2.5%

3.0%

3.5%

4.0%

0.5ml

0.1滴

0.3滴

0.4滴

0.5滴

0.7滴

0.8滴

0.9滴

1.1滴

1ml

0.3滴

0.5滴

0.8滴

1.1滴

1.3滴

1.6滴

1.9滴

2.2滴

1.5ml

0.4滴

0.8滴

1.2滴

1.6滴

2.0滴

2.4滴

2.8滴

3.2滴

2.0ml

0.5滴

1.0滴

1.6滴

2.1滴

2.7滴

3.2滴

3.8滴

4.3滴

2.5ml

0.7滴

1.3滴

2.0滴

2.6滴

3.3滴

4.0滴

4.7滴

5.4滴

3.0ml

0.8滴

1.6滴

2.4滴

3.2滴

4.0滴

4.8滴

5.6滴

6.5滴

3.5ml

0.9滴

1.8滴

2.8滴

3.7滴

4.6滴

5.6滴

6.6滴

7.6滴

4.0ml

1.0滴

2.1滴

3.2滴

4.2滴

5.3滴

6.4滴

7.5滴

8.6滴

4.5ml

1.2滴

2.4滴

3.5滴

4.8滴

6.0滴

7.2滴

8.5滴

9.7滴

5.0ml

1.3滴

2.6滴

3.9滴

5.3滴

6.6滴

8.0滴

9.4滴

10.8滴




Flavourart社製品は、世界最高級の電子たばこ用フレーバーエッセンスとして知られています。
世界中の煙草の風味を研究し、電子たばこ用のフレーバーとして高い再現性を実現しています。
Flavourart製品は、製品の安全性を確保するため、必要に応じて天然香料と合成香料を使い分けています。
ニコチンなしでリキッドを自作する場合のために、スロートヒット感を高める液体ベースの製品「フラッシュ」があります。
フレーバーキャリア(媒体)は水溶性のPG(Propylene Glycol)です。
●バニラについて
天然のバニラは数百種類の化合物から成る非常に複雑な混合物であるが、バニラ特有の風味や香味の元となる化合物は主にバニリンである。
バニリン (vanillin) は分子式 C8H8O3 で表される、バニロイド類に属す最も単純な有機化合物であり、バニラの香りの主要な成分となっている物質である。
別名、ワニリン。天然物中にはバニラ、安息香、ペルーバルサム、チョウジ(クローブ)の精油などに含有されている。
収穫されたばかりのバニラ豆中には、配糖体であるグルコバニリンの形で存在しており、キュアリングと呼ばれる工程を経ることで加水分解されてバニリンが遊離し、バニラ特有の香気が発現する。
バニリンの量が多いときにはバニラ豆の表面に白い結晶として析出する。
1858年に、ニコラ=セオドア・ゴブリーが、バニラエキスの乾燥物を熱水中再結晶し、この結晶物質を単離し、バニリンの名が与えられた。