トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中



FlavourArt
BI-SO
HANGSEN
Eleaf
joecig

Kanger Tech
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧



商品詳細
 

FlavourArt フレーバーアート Clove(丁子)10ml販売 電子タバコ用


FlavourArt フレーバーアート Clove(丁子)
Flavourart Logo
イタリアFlavourArt(フレーバーアート)社の正規品です
商品番号 F1554
商品名 FlavourArt フレーバーアート Clove(丁子)10ml販売 電子タバコ用
販売価格 570円
メーカー Flavourart
送料区分 送料別
配送タイプ 国内発送
在庫
ポイント 0ポイント

在庫状況:
数量:

フレーバーアート フレーバーベース
商品タイプ海外直送 Direct Shipment国内配送なし No Domestic ShipmentFlavour 添加フレーバーNon Nicotine ノンニコチン
商品タイプ




フレーバーアート ミラノ旗艦店
フレーバーアート バルセロナ旗艦店


このフレーバーについて About this flavor


暖かくスパイシー。

Warm and spicy.



使い方
フレーバーアート 添加量について

1滴がおよそ0.02gです。
(フレーバーのキャリア=媒体はPG=Propylene Glycol 比重 1.036g/ml )

PGリキッドに対する添加量は以下のとおりです。
(VGリキッドに対しても同様)

ほとんどのフレーバーが適用量1〜3%です。特に指定のない場合はこの範囲からお試し下さい。

容量2mlのリキッドに対して1%の濃度の場合、滴下量はおよそ1滴です。容量と濃度に応じて比例した量をご利用く下さい。



フレーバーの滴下量  Dropping Quantity

リキッド
の容量

適用量(フレーバー濃度)

0.5%

1%

1.5%

2.0%

2.5%

3.0%

3.5%

4.0%

0.5ml

0.1滴

0.3滴

0.4滴

0.5滴

0.7滴

0.8滴

0.9滴

1.1滴

1ml

0.3滴

0.5滴

0.8滴

1.1滴

1.3滴

1.6滴

1.9滴

2.2滴

1.5ml

0.4滴

0.8滴

1.2滴

1.6滴

2.0滴

2.4滴

2.8滴

3.2滴

2.0ml

0.5滴

1.0滴

1.6滴

2.1滴

2.7滴

3.2滴

3.8滴

4.3滴

2.5ml

0.7滴

1.3滴

2.0滴

2.6滴

3.3滴

4.0滴

4.7滴

5.4滴

3.0ml

0.8滴

1.6滴

2.4滴

3.2滴

4.0滴

4.8滴

5.6滴

6.5滴

3.5ml

0.9滴

1.8滴

2.8滴

3.7滴

4.6滴

5.6滴

6.6滴

7.6滴

4.0ml

1.0滴

2.1滴

3.2滴

4.2滴

5.3滴

6.4滴

7.5滴

8.6滴

4.5ml

1.2滴

2.4滴

3.5滴

4.8滴

6.0滴

7.2滴

8.5滴

9.7滴

5.0ml

1.3滴

2.6滴

3.9滴

5.3滴

6.6滴

8.0滴

9.4滴

10.8滴




世界で最も有名な電子たばこ用添加フレーバー、イタリアのフレーバーアート社製品が遂に登場!
フレーバー入りの既製品リキッドとは異次元の味わいをお楽しみください。
フレーバーの作成に利用する1200以上の原材料と数百以上の食品成分を在庫を持ち、繊細で複雑な作業を経て風味の作成を行っています。
Flavourart社は、フレーバーの複雑さのレベルを向上させたい場合に、用量の範囲内でミックスすることを推奨しています。
フレーバーキャリア(媒体)は水溶性のPG(Propylene Glycol)です。
●クローブとは
クローブの花蕾は釘に似た形をしているため、中国では「釘」と同義の「丁」の字を使って「丁香」、「丁子」の名があてられ、フランス語では釘を意味する Clou と呼ばれ、英語の Clove もこれを語源とする。
非常に強い香気を持っているので、百里香という別名もある。
チョウジノキは熱帯多雨原産の中高木であり常緑樹。
種子から発芽し20年ほどで10メートルほどの高さに成長する。
作物としてのクローブは7-8年目頃から収穫が可能である。
熱帯多雨の地域が原産であり、温室で十分に管理すれば栽培は可能であるが、露地植えでの商業栽培に適する地域は限られる。