トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中






HANGSEN
Eleaf
FlavourArt
BI-SO
joecig

Kanger Tech


パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧



海外送料ポイント値引きキャンペーン
リキッドのご購入はご注文1件につき4本が上限です。
商品詳細

FlavourArt フレーバーアート Cinnamon Ceylon(シナモン)10ml販売 電子タバコ用


FlavourArt フレーバーアート Cinnamon Ceylon(シナモン)
Flavourart Logo
イタリアFlavourArt(フレーバーアート)社の正規品です
商品番号 F1256
商品名 FlavourArt フレーバーアート Cinnamon Ceylon(シナモン)10ml販売 電子タバコ用
販売価格 620円
メーカー Flavourart
送料区分 送料込
配送タイプ 国内発送
在庫
ポイント 0ポイント

在庫状況:
数量:

フレーバーアート フレーバーベース
商品タイプ海外直送 Direct Shipment国内配送なし No Domestic ShipmentFlavour 添加フレーバーNon Nicotine ノンニコチン
商品タイプ




フレーバーアート ミラノ旗艦店
フレーバーアート バルセロナ旗艦店


このフレーバーについて About this flavor


多くのレシピをエキゾチックに飛躍させるお供としてどうぞ。

An exotic journey and a companion for many recipes.



使い方
フレーバーアート 添加量について

1滴がおよそ0.02gです。
(フレーバーのキャリア=媒体はPG=Propylene Glycol 比重 1.036g/ml )

PGリキッドに対する添加量は以下のとおりです。
(VGリキッドに対しても同様)

ほとんどのフレーバーが適用量1〜3%です。特に指定のない場合はこの範囲からお試し下さい。

容量2mlのリキッドに対して1%の濃度の場合、滴下量はおよそ1滴です。容量と濃度に応じて比例した量をご利用く下さい。



フレーバーの滴下量  Dropping Quantity

リキッド
の容量

適用量(フレーバー濃度)

0.5%

1%

1.5%

2.0%

2.5%

3.0%

3.5%

4.0%

0.5ml

0.1滴

0.3滴

0.4滴

0.5滴

0.7滴

0.8滴

0.9滴

1.1滴

1ml

0.3滴

0.5滴

0.8滴

1.1滴

1.3滴

1.6滴

1.9滴

2.2滴

1.5ml

0.4滴

0.8滴

1.2滴

1.6滴

2.0滴

2.4滴

2.8滴

3.2滴

2.0ml

0.5滴

1.0滴

1.6滴

2.1滴

2.7滴

3.2滴

3.8滴

4.3滴

2.5ml

0.7滴

1.3滴

2.0滴

2.6滴

3.3滴

4.0滴

4.7滴

5.4滴

3.0ml

0.8滴

1.6滴

2.4滴

3.2滴

4.0滴

4.8滴

5.6滴

6.5滴

3.5ml

0.9滴

1.8滴

2.8滴

3.7滴

4.6滴

5.6滴

6.6滴

7.6滴

4.0ml

1.0滴

2.1滴

3.2滴

4.2滴

5.3滴

6.4滴

7.5滴

8.6滴

4.5ml

1.2滴

2.4滴

3.5滴

4.8滴

6.0滴

7.2滴

8.5滴

9.7滴

5.0ml

1.3滴

2.6滴

3.9滴

5.3滴

6.6滴

8.0滴

9.4滴

10.8滴




欧米の電子たばこユーザーの間でもトップの選択肢となっているイタリア製の電子タバコ用フレーバーです。
フレーバー配合済みの既製品リキッドとは一線を画すフレッシュで濃厚な風味をご確認頂けます。
フレーバー配合の独自のデータベースを持ち、ほぼすべての味を実現することができるクリエイティブな企業です。
128種類という膨大な数のフレーバーの中から、あなたにぴったりのフレーバーを選んだニコチン入りリキッドを作成することができます。
Flavourartの電子たばこ用製品にはジアセチルが一切含まれておりません。ジアセチルはバター臭と風味のために食品に含まれる物質です。
●シナモンとは
シナモンは世界最古のスパイスの1つといわれ紀元前4000年ごろからエジプトでミイラの防腐剤として使われ始めた。
また、紀元前6世紀頃に書かれた旧約聖書の『エゼキエル書』や古代ギリシアの詩人サッポーの書いた詩にもシナモンが使われていたことを示す記述がある。
中国では後漢時代(25年-220年)に書かれた薬学書『神農本草経』に初めて記載されている。
日本には8世紀前半に伝来しており、正倉院宝物の中にもシナモンが残されている(「桂心」という名称で、薬物として奉納されたもの)。
しかし樹木として日本に入ってきたのは江戸時代の享保年間のことであった。