トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中


春節期間中の休業日のお知らせ
Halo
Johnson Creek
eVo
FlavourArt
Eleaf
BI-SO
Dekang
HANGSEN
HANGBOO
Kanger Tech
Kamry
BIANSI
Vision
FlySmoker
パーツ・アクセサリ


会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

ニコチン濃度の選択方法
ニコチン濃度換算表のウソ・ホント
紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント
近年人気のフレーバー

携帯サイト
スマホサイト

支払方法一覧

  おすすめサイト
Vape Junkie



200ポイント還元で実質790円
リキッドのご購入はご注文1件につき4本が上限です。
商品詳細
 

HANGSEN ニコチン入りリキッド Espresso(エスプレッソ) PG 30ml 電子タバコ


HANGSEN Standard Liquid
ボトルデザインはフレーバーと容量により異なります。


HANGSEN Logo
商品番号 HP306
商品名 HANGSEN ニコチン入りリキッド Espresso(エスプレッソ) PG 30ml 電子タバコ
販売価格 990円
メーカー HANGSEN Biotech Co., Ltd.
送料区分 送料別
配送タイプ 海外直送
在庫
ポイント 200ポイント

ニコチン濃度:
数量:


商品タイプ海外直送 Direct Shipment国内配送なし No Domestic Shipmentリキッドベース PG Liquid Baseフレーバー入りリキッド Flavoured E-Liquidドリンク系フレーバー Tobbaco Flavour


DOW ダウケミカル

米国ダウケミカル社の原料を使用した高品質リキッド

独BASF社につぐ世界第2位の米国化学メーカーダウケミカル社の USA製 99%ピュアニコチン・PG・VGを使用していることで欧米の電子たばこユーザーの間でも有名な高品質リキッドブランドがHANGSENです。

PG(プロピレングリコール)は発がん性物質DEG(ジエチレングリコール)を一切含まない医薬品グレード(Pharmaceutical Grade)のものを使用しています。


多くの欧米ブランドを手掛けるHANGSEN社

下記のブランドロゴマーク及びリキッド写真はイギリス製、アメリカ製、ポーランド製リキッドですが、すべてHANGSEN社が製造しています。欧米が認めた超高品質巨大リキッドメーカー、それがHANGSEN社です。

イエロー、ブルー、オレンジ、グリーン、ブラック、ホワイトの山形キャップのリキッドは、たとえそれらが欧米メーカーのリキッドブランドであっても、そのほとんどがHANGSEN社製です。




HANGSEN Global Partners


HANGSEN社の沿革
HANGSEN本社とポーランド工場

社長自身が電子タバコリキッドの「ゴッドファーザー」と呼ばれる人物で、2005年に世界で初めてPG/VGのE-リキッドのレシピを開発、有名なフレーバー「RY4」の発明者でもあるという、電子タバコの黎明期を築いてきた香港系の超老舗ブランドです。


電子タバコの歴史に深く関わってきたHANGSEN社

電子タバコ発祥の地、香港/深センにおける業界のパイオニア。小売店の独自企画リキッド、いわゆる「ショップリキッド」とは生産設備・検査設備・ノウハウにおいて全く比較にならないほど巨大なグローバル企業です。

電子たばこの歴史
HANGSENリキッド

 



最適なニコチン度数には個人差があります。

ニコチン濃度の選択方法

リキッドのニコチン度数は使用している電子たばこデバイスの種類によっても変わります。

ニコチン濃度換算表のウソ・ホント

紙巻煙草のニコチン・タール量は吸い方によっても変わります。

紙巻煙草のニコチン・タール量のウソ・ホント






●HANGSEN E-リキッド Espresso(エスプレッソ) 30ml 販売
●エスプレッソとは
エスプレッソ(espresso)は、深煎りで微細に挽いたコーヒー豆を充填したフィルターに、沸騰水を加圧状態で濾すことで抽出されたコーヒーのことである。
普通のコーヒーカップの半分ほどの大きさのカップで供されるため、デミタスとも呼ばれる。demiは半分、tasseはカップの意である。
イタリアやフランスではもっともよく飲まれるコーヒーであり、イタリアでCaffeといえば普通エスプレッソのことをさす。特徴的な抽出方法により、風味が濃厚である。
使用するコーヒー豆が深煎りのため、焙煎工程で揮発し、抽出時間も短いことから、カフェインの含有量はドリップコーヒーに比べて少ないとされる。
通常のエスプレッソは、一杯当たりコーヒー豆を7g程度使用する。
14g程度使用したものはドッピオ(doppio、ダブルの意味)と呼び区別することもある。
クリームなどを加えて、カフェ・ラッテ、カプチーノ、カフェ・マキアート、キャラメル・マキアートなどのバリエーションもある。
アメリカのダウケミカル(Dow Chemical)社製の原材料(ニコチン・VG・PG)で有名なHANGSEN社製の製品です。
HANGSENのPG(プロピレングリコール)はジエチレングリコール(DEG)を含まない医薬品グレードです。
イギリス製、アメリカ製、ポーランドなどHANGSEN社は多くの欧米ブランドリキッドの生産を請け負っています。
ハンセングループのCEO、Jide Yaoは電子たばこリキッドのゴッドファーザーとよばれる人物です。
また煙草系リキッドの基礎となった有名なリキッド「RY4(Ruyan4)」の開発者でもあります。
2005年、PG・VGのリキッドレシピを世界初で初めて開発、HANGSEN社は電子タバコの歴史に深く関わってきました。
深セン・ポーランドに工場を持つ世界的なグローバル企業です。
VG(植物性グリセリン)は発煙性が高く、PG(プロピレングリコール)はフレーバ−のノリが良いのがそれぞれの特徴です。